本町駅・堺筋本町駅・心斎橋駅・東心斎橋・アメリカ村からすぐ 大阪市中央区にある【新行政書士事務所】飲食店営業・風俗営業・在留許可・入管ビザ申請・帰化申請・契約書・借用書・生命保険の相談承ります(初回無料相談受付中) 風営法・在留許可・帰化申請・入管ビザ・農地転用のお悩み・お困りごとのご相談を承ります。

RSS

在留資格の取り消しのことを少々

カテゴリ : 入管法
大阪の風俗営業許可、風営法のお悩み・お困りごとのご相談@新行政書士事務所の新です。

私、風営法以外にも在留許可なども取り扱っています。
その中で気になったことを少々。

入管法が改正されて今年7月9日に施行されました。
在留資格の取消事由については以下の3点が追加されました。
①偽りその他不正の手段により在留特別許可を受けたこと
②配偶者の身分を有する者としての活動を継続して6月以上行わないで在留していること(正当な理由のある場合を除く)
③上陸後又は届け出た住居地から退去後90日以内に住居地の届出をしないこと(正当な理由のある場合を除く)

この中で多いのが②の日本人等の配偶者の方からの相談です。

離婚や死別されてから6月経つと在留許可を取り消すことができるようになりました。
また、離婚されたり死別された場合には14日以内に入国管理局に届出をしなければならなくなりました。

ただし、改正入管法の施行前に離婚などをされている場合には届出を剃る必要はありません。
在留資格の取り消しについては、施行後「6月以上配偶者としての活動を行わないでいる」ことが条件なので、来年(2013年)1月9日以降は取消しされることがあるかもしれません。

早めに、在留資格の変更を行なっておくことをお勧めいたします。


2012-10-12 18:18:17 | コメント(0)

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください

新行政書士事務所


業務時間
平日
午前10:00~午後6:00
定休日
土・日・祝日
TEL
06-6245-8590
住所

大阪府大阪市中央区
久太郎町3-1-22
OSKビル306号(地図
QRコード
スマートフォン
携帯用QRコード