本町駅・堺筋本町駅・心斎橋駅・東心斎橋・アメリカ村からすぐ 大阪市中央区にある【新行政書士事務所】飲食店営業・風俗営業・在留許可・入管ビザ申請・帰化申請・契約書・借用書・生命保険の相談承ります(初回無料相談受付中) 風営法・在留許可・帰化申請・入管ビザ・農地転用のお悩み・お困りごとのご相談を承ります。

RSS

ダーツバー、異例の立件 規定超えるゲーム機設置容疑 兵庫県警

カテゴリ : 風営法
ようこそ、大阪の風俗営業許可、風営法のお悩み・お困りごと@新行政書士事務所の新です。

デジタルダーツ機を無許可で規定以上の面積に設置したとして、7月25日、風営法違反(無許可営業)の疑いで、同県芦屋市内のダーツバーの男性経営者(43)を書類送検されました。(Yahooニュース

デジタルダーツ機は風営法上ゲーム機に該当し、ゲームセンター営業の許可を受けなければなりません。ただし、遊技の用に供する床面積が客室面積の10%を超えない場合には許可を受ける必要がないとされています。
今回は14%を占めていたため許可を取るよう指導があり、一旦は機械を撤去しましたが、その後また元に戻して営業していたため悪質と判断されたため摘発されました。
 

風俗営業の承継

カテゴリ : 風営法

ようこそ、大阪の風俗営業許可申請、風営法のお悩み・お困りごと@新行政書士事務所の新正伸です。

最近、風俗営業の事業承継のことを聞かれることが多くなっています。

風俗営業の経営者さんから、「うちのお店、そこそこお客さんもついてるし、許可もちゃんととってあるし、名義を変えて誰かに権利を売られへんやろか?」とご相談を受けました。
こちらの経営者さんは2年前に始められた昼間の会社のほうが忙しくなってきたので、夜の店はそろそろやめたいとお考えです。そこで、それなりに店には投資をしたし、この営業権を適正な値段で誰かに売ってしまおうということです。ちなみにお店は個人事業です。
悩ましい問題ですが、風営法では名義を変える事ができるケースが限定されています。
個人・法人に分けて簡単にご紹介します。
【個人の場合】
個人の場合は、相続が発生した時に相続人に名義変更(承継)することができます。
第三者に営業を譲渡するには、一旦今の営業を廃止して、事業を受け継がれる方もしくは法人が改めて許可を取らなければなりません。
【法人の場合】
法人の場合は、法人の合併または分割をするときに名義変更(承継)することができます。また、役員を変更して、実質的に経営から手を引いてしまうということもできます。

性風俗関連特殊営業の場合は、相続や法人の合併・分割の規定がないので、名義変更することはできません。法人の場合に、役員を変更して経営権を譲渡するほかは方法がありません。

今回は、お店にしっかりした従業員さんがいらっしゃるので、自分が行けないときは代わりにやってもらって徐々に権限移譲をしていくことで落ち着きそうです。また、法人経営にして許可を取りなおすことも検討してもらってます。

風営法のお悩み・お困りごとは新行政書士事務所
電話 06-6245-8590 

兵庫県警が県内の歓楽街で一斉取り締まりを実施しました 

カテゴリ : 風営法
ようこそ、大阪の風俗営業許可、風営法のお悩み・お困りごと@新行政書士事務所の新です。

兵庫県警は5日、県内の主要な歓楽街の一斉取り締まりを3日夜から4日未明にかけて実施し、県迷惑防止条例違反や風営法違反の容疑で4人を逮捕したと発表しました。(MSN産経ニュース

腕を引っ張るなどの客引き行為で、18~30歳の男女計3人を県迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕したほか、営業禁止区域で性的サービスを提供するエステ店を営んだとして、風営法違反容疑で、中国籍の女性経営者(42)を逮捕しました。

最近、全国的に取締りが強化されているようですね。

女子高生キャバ「AKB162」摘発

カテゴリ : 風営法
ようこそ、大阪の風俗営業許可、風営法のお悩み・お困りごと@新行政書士事務所の新です。

「ガールズバーと称して無許可でキャバクラを営業し、18歳未満の現役女子高生に男性客の接待をさせていたとして、警視庁保安課は、風営法違反(無許可営業、年少者使用)の現行犯で、東京・秋葉原のガールズバー「AKB162」経営者を逮捕した。」(MSN産経ニュース)

警視庁と7道府県警は、3、4の両日、一斉に風俗店の取り締まりを実施し、同店を含む93カ所を捜索し、同法違反容疑などで計62人を逮捕しました。

新宿2丁目のゲイバーグループ摘発

カテゴリ : 風営法
ようこそ、大阪の風俗営業許可、風営法のお悩み・お困りごと@新行政書士事務所の新です。

「東京・新宿2丁目で、男性が男性を接待する「ゲイバー」を無許可で営んでいたとして、警視庁保安課は、風営法違反(無許可営業)の疑いなどで、飲食店経営会社社長ら5人を逮捕した。」(MSN産経ニュース)

営業形態が女性従業員が男性客を接待するもの(ラウンジ・キャバクラ・スナックなど)や、男性従業員が女性客を接待するもの(ホストクラブなど)のように異性によるものだけでなく、同性による接待も風俗営業の許可が必要とされています。

風営法のお悩み・お困りごとは新行政書士事務所
電話 06-6245-8590
前へ 1 2 3 4 5 次へ

新行政書士事務所


業務時間
平日
午前10:00~午後6:00
定休日
土・日・祝日
TEL
06-6245-8590
住所

大阪府大阪市中央区
久太郎町3-1-22
OSKビル306号(地図
QRコード
スマートフォン
携帯用QRコード